よしことミケリス

健康を推進するWHO(世界保健機関)は、人体に有害なUV-Aの極端な浴び過ぎが皮膚疾患を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を利用する行為の禁止を先進国に勧めている最中です。
不整脈である期外収縮は、健康な場合でも出ることがあるので深刻なトラブルではないにせよ、同じような発作が再三起こるケースは楽観視できません。
クモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管の不要なこぶが破裂してしまうことが要因となって発病する深刻な病気なのです。
汗疱状湿疹(汗疱)とは掌や足の裏、又は指の間などにプツプツとした水疱ができる病気で、おおむねあせもと呼ばれており、足の裏に出ると足水虫と混同される場合が結構あります。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食事の欧米化に加えて煙草・アルコールの習慣・肥満症等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどにより、殊に日本人に増加しているという疾患だといえます。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂分泌の異常が原因で出現する湿疹で、皮脂の分泌異常の素因としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンの不均衡やビタミンB群の枯渇などが関わっています。
基礎代謝量というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎機能の働き、体温や筋緊張のキープなど)ために要るミニマムなエネルギー消費量のことを指しています。
耳鳴りには種類があり、本人だけに聞こえることを特徴とする「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者だけでなく他の人にも高性能のマイクロホンを使用すると感じられるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が異なります。
環状紅斑(かんじょうこうはん)とは何かというと輪状、つまりは円い形状をした紅っぽい発疹など、皮膚の病気の総合的な病名であって、その病因は実に様々なのです。
今、比較的若い世代で結核菌に抗する免疫、すなわち抵抗力を持っていない人々の割合が高くなったことや、診断が遅れることが要因のアウトブレイクや院内感染が増加傾向にあります。
交通事故相談の弁護士を名古屋で探す時に見てください!
BMI(体重指数を計算する式はどこの国でも一緒ですが、BMI値の評価は国家によって少しずつ違い、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合を肥満、18.5未満の場合だと低体重と定義付けています。
食中毒を起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒素が強大な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒力が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)が挙げられます。
耳の中の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」に大別することができますが、この中耳付近に様々な細菌やウィルスなどが感染し、炎症が起こったり、体液が溜まる病が中耳炎というわけです。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)に存在している血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が破壊されてしまうことにより、患者の膵臓から必要量のインスリンが分泌されなくなってしまい発症に至る自己免疫性のタイプの糖尿病です。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が細くなってしまい、血液の流れが止まり、欠かせない酸素や栄養が心筋に送られず、ほとんどの筋細胞が壊滅状態になってしまう恐ろしい病気です。