轟と秋山

紫外線を浴びると生成されるビタミンDは、Caの吸収を促進するということで有名であり、血液中のCa濃度を調整して、筋繊維の動き方を操ったり、骨を生成したりしてくれます
下腹部の強い痛みを主訴とした疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、卵管の病気などの病名が挙がります。
体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内の脂肪の付いている度合いのことを言い、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight)×100」という数式によって調べられます。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、そしてγ-GTPなど3種類の数値で知ることができますが、ここ数年の間に肝臓の機能が悪化している人が徐々に増えているそうです。
汗疱(かんぽう)とは主に手のひらや足裏、又は指と指の間などに小さめの水疱が現れる病気で、通俗的にはあせもと呼び、足の裏に出現すると水虫と早とちりされる場合もままあります。
コンサートやライブなどの開催される場所や踊るためのクラブなどに置かれている大音量スピーカーの真ん前で大きな音を聞き続けて耳が遠くなる症状を「急性音響外傷」と呼ぶのです。
1型糖尿病というのは、膵臓に内在するインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由で壊されてしまったことで、その膵臓から血糖値を正常に保てるだけのインスリンが分泌されなくなってしまって発病してしまうという糖尿病なのです。
吐血と喀血は口腔から血を吐くことですが、喀血は咽頭から肺へと至る気道(きどう、呼吸器のひとつ)からの出血のことであり、吐血の方は十二指腸よりも上にある消化管からの出血のことを言い表しているのです。
薄暗い所では光不足によってものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、眼球のピントを合わせるのに不必要なエネルギーが必要になってしまい、光の入る場所でモノを眺めるより疲れるのが早くなります。
一旦歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するまでに拡大してしまった歯周病は、悲しいかな病状そのものが治まることはあっても、失ったエナメル質が元通りになることは無いと考えておいた方が良いでしょう。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いので大気中にあるオゾン層でその一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-B波は皮ふの表皮内で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させたりして、肌に良くない影響を与えています。
交通事故相談の弁護士を名古屋で探す時に見てください!
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通、ヒトの身体をがんにさせない役割を果たす物質を作出するための型みたいな遺伝子の不具合により発病する病気です。
BMI(体格指数)の計算式はどこの国でも共通ですが、BMI値の評価基準は各国違っていて、(社)日本肥満学会ではBMI22が標準体重、BMI25以上の場合だと肥満、18.5未満の場合は低体重としているのです。
外から眺めただけでは折ったのかどうか不明な場合は、怪我をした位置の骨を少しだけプッシュしてみて、もしその部分に強烈な痛みを感じたら骨折しているかもしれません。
30~39才の間に更年期になったら、医学的な用語で表すと「早発閉経(early menopause)」という病気のことを指します(我が国の場合40歳以下の女の人が閉経することを「早期閉経(premature menopause)」と定義付けています)。